2019年1月号

ホーム  »  クリニック通信(院内報)  »  2019年1月号

クリニック通信2019年1月号

あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします

 

2019年は猪突猛進の亥年、

曲がったことが大嫌い、目的に向かって一直線、的な1年となるのでしょうか!?亥年の皆さん、いかがですか。

 

さて今年は新天皇が即位され、5月には平成から新元号(ところで4月末までは平成?)に改元、前後9~10連休が予定されていますが、皆さんはどうされる予定でしょうか。クリニックは“カレンダーどおり”の予定なのですが・・。

 

臨時休診のお知らせ

3月29日(金曜)30日(土曜)

 

<トピックス>

厚生労働省は、2019年から2021年度末までの約3年間、全国で原則無料でワクチン接種を実施する方針を発表。

対象・・1962年4月2日~1979年4月1日に生まれた男性

実施開始日・・未発表(coming soon)

実施内容・・風疹抗体価血液検査と必要者への風疹ワクチン予防接種

費用・・原則無料

詳細がわかり次第、ホームページにアップします。

ホームページ・・https://www.mitaninaika.com

 

2019年抱負

あけましておめでとうございます。管理栄養士のY.O.です。今年もどうぞよろしくお願いします。

去年から測定機器の販売とレンタルをしている会社のお手伝いをしています。

1)骨密度測定・・  手首で超音波で簡単5段階に測定

2)肌年齢・・手のひらと頬で、油分と水分を比較して肌年令を判定

3)血管年齢・・指先に、センサーをあて、血管の弾力をみて血管年齢を判定

4)足裏測定・・センサーに立った状態で足裏のどこに力がかかっているかを判定、姿勢の善し悪しがわかります。

その他に、肺年齢、脳年令、体組成計など。最近は、大学の研究室や、企業の健康診断の一環として、様々な形で利用されています。

先日、あるイベントで来場者の肌年齢、血管年齢、骨年齢、そして内臓脂肪を簡易測定しました。

 

内臓脂肪チェック  

検査希望者にお腹を出してもらい、センサー付きベルトを巻き、腹囲をはかり、インピーダンス法で、おヘソから背部に電極をあてて交流微電流を流し、内臓脂肪の抵抗値、と腹囲から算出した腹部全断面積を掛け合わせて、内臓脂肪面接を算出します。

測定希望者の多くは中高年者で、「仕事や家事が忙しいから病院は行けないけれど、最近テレビ番組の健康チェックで芸能人の病気が早期に見つかったり、健康長寿者の話題も多いので、気にはなっていました」という方が多かったです。

測定してみると、体型ではわからない内臓脂肪があることに驚かされました。男性で、割とぽっちゃりしていても、3食しっかり食べてよく寝ている方の内臓脂肪は少ない傾向です。健康診断は問題なしだけれども、ぽっちゃり体型・・これは典型的な運動不足例です。こんな方は、ストレッチや簡単な運動や散歩すれば健康維持が出来る“皮下脂肪タイプ”ということですね。

ところが筋肉質で見た目スッキリタイプの中に(多数は正常域でしたが)、内臓脂肪値の高い方が。「フィットネスにはちゃんと行っているが、毎晩アルコールが必要(休肝日ほぼなし)、帰宅遅く睡眠不足で、朝食は食べる気力も暇もない」・・反面教師ですね。

もちろん明らかに肥満体型の人は、内臓脂肪も皮下脂肪も多いので、運動週間・食事時間と内容・睡眠時間など生活習慣を根本的に変えていく必要があります!「わかっちゃぁいるけどねぇ」

 

栄養相談のお知らせ

今年から平日枠が金曜日から水曜日に変更となりました。水曜日午後と土曜日午前に概ね月1回ずつ対応します。

水曜日(15:00~18:30)枠 1月16日、2月13日、3月13日

土曜日(  9:30~12:00)枠 1月19日、2月16日、3月16日

 

無料測定会検討中(希望者募集中)

体組成計により、体重、体水分量、部位別の筋肉量、部位別体脂肪分析、ウエスト周り、内臓脂肪レベルなどを一度に測定することができます。

測定希望者はご連絡ください。2月以後、測定器機をレンタルしてみようかな、と検討中です。管理栄養士のアドバイス付きです。無料。

ページの先頭へ