新型コロナウイルス

ホーム  »  新型コロナウイルス

診察・相談の新基準

新型コロナウイルス感染に関する相談・受診の新目安

1. 息苦しさ、強いだるさ、高熱などの強い症状のいずれかがある

2. 高齢者や基礎疾患がある人で、発熱やせきなどの比較的軽い風邪症状がある

3. 発熱やせきなどの比較的軽い風邪症状が続いている

一つでも該当すればすぐに相談センターまで連絡しましょう。

★発熱やせきなど比較的軽い風邪の症状でも4日以上続く場合は必ず相談を!

新型コロナウイルスの電話窓口

新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談を行いたい方は、各都道府県が設置している電話相談窓口へご相談ください。

横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター
 感染症の特徴、予防方法、有症時の対応など、新型コロナウイルス感染症に関する全般的なご相談にお答えします。

 電話番号 045−550−5530

 受付時間 午前9時から午後9時まで(全日対応中)

神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル 
 県民の皆様からの新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご相談に対応します。

 電話番号 045-285-0536

 受付時間 9時から21時(全日対応中)

発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。

発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておきましょう。

新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター

 電話番号 045−664−7761 

 受付時間 午前9時から午後9時まで(全日対応中)

夜間の相談窓口(午後9時から翌午前9時まで)  
 ☎045−948−2499(都筑区)

詳細は横浜市ホームページ内のサイトをご確認ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/kansensho/ncov-soudan.html#126A3

新型コロナウイルス、最新の分析情報

https://www.bbc.com/japanese/51812596

新型コロナウイルスに感染してから症状が出るまでの潜伏期間は平均5日

感染から12日までに症状が出なかった場合は無症状病原体保有者となるが、なお他人にウイルスを感染させる可能性がある。

症状のあるなしに関わらず、感染源となる可能性のある人は14日間の自主隔離が必要

14日間にわたり隔離された感染者の100人に1人は、隔離解除後に症状が出てくる可能性があると推定される。

人が集まる風通しの悪い場所を避ける!

新型コロナ感染抑止へ「行かない方がいい場所」とは? 専門家会議の見解まとめ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00010002-wordleaf-soci

ポイント1
「人が集まる風通しの悪い場所」を避けること

ポイント2
軽い風邪の症状(のどの痛みだけ、咳だけ、発熱だけなど)がある場合は「外出を控える」こと

新型コロナウイルスは再陽性化する!残存ウイルス増殖?/再感染??

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200227/k10012303391000.html

なんだか想定外のウイルスの様相を呈しております!!ヘルペスの再感染と同じ原理、なのでしょうか???

「ウイルスに感染すると体内に抗体が作られるため、同じウイルスに再び感染することは、一般的には考えにくい。ただ、抗体が十分に作られていなかった場合は、再度、感染することや、体内のどこかに潜んでいたウイルスの量が増えてきたという可能性もあるのではないか」朝野和典教授(大阪大学医学部附属病院感染制御部)

抗体が十分には作られず、ウイルスを完全に排除できなかったため、症状がなくなっても、体のどこかにウイルスが潜む『持続感染』が起きていた可能性がある。ウイルスが再び、腸など呼吸器以外の場所で増えて、検査で検出できる程度の量にまで戻った可能性がある」
「今回のケースは、症状がいったん治まったあとでも油断できないということを意味しており、新型コロナウイルスに対応するうえでの大きな課題が見えたと言える。再びウイルスが検出されるようになると、周りの人に感染させる可能性もあるため、国や自治体は今後、退院した患者についてより丁寧に経過観察を行うことが求められる」賀来満夫特任教授(東北医科薬科大学)

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針

新型コロナウイルス感染症対策の基本方針
                        令和2年2月 25 日
              新型コロナウイルス感染症対策本部決定

新型コロナウイルス感染症コールセンター等電話相談について

新型コロナウイルス感染症コールセンター等電話相談について
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/kansensho/ncov-soudan.html

横浜市新型コロナウイルス感染症コールセンター
045-550-5530
   午前9時から午後9時まで

医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド

医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド
http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/COVID-19_taioguide1.pdf

疑い例については、厚生労働省は新型コロ ナウイルスの検査対象を下記のように定めています。
次の(1)〜(4)に該当し、かつ他の感染症又は他の病因によることが明らかでなく、新 型コロナウイルス感染症を疑う場合。

(1)発熱または咳などの呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者であって、新型コ ロナウイルス感染症であると確定したものと濃厚接触があるもの

(2)37.5°C以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前 14 日以内に中国湖北省に渡航又は 居住していたもの

(3)37.5°C以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前 14 日以内に中国湖北省に渡航又は 居住していたものと濃厚接触があるもの

(4)発熱、呼吸器症状その他感染症を疑われるような症状のうち、医師が一般に認められ ている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに 特定の感染症と診断することができないと判断し(感染症の予防及び感染症の患者に対す る医療に関する法律第 14 条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症に相当)、新型 コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの

※濃厚接触とは、次の範囲に該当するものである。 ・新型コロナウイルス感染症が疑われるものと同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内 等を含む)があったもの

厚生労働省のサイト

新型コロナウイルスに関する厚生労働省のホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

一般的な感染症対策について https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf

手洗いについて https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf

咳エチケットについて
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593495.pdf
ページの先頭へ